TeruPaPaの家と子どもと健康と

新築で注文住宅を建てる際の細かいところまで、時系列を追いながら綴っていきます

日記003【ダンボール箱の正しいガムテープの貼り方】

H字ではなく十字に貼る

引越しに欠かせないダンボールの話です。

 

ダンボールを組み立てるとき、ガムテープをH形に貼りたくなります。

一の字にガムテープを貼るところまでは誰しもが同じだと思いますが、そのあと隙間を埋めたくなって、ついH形に貼ってしまいます。

 

しかし、これはダンボールを補強する上ではあまり意味がありません。

 

ダンボールの端にかかる力よりも、ダンボールの底中央にかかる力(重さ)のほうが圧倒的に大きいのは自明です。

 

それならば、ガムテープは十の字に貼るべきです。

もっと強度を持たせたいなら十と×で米の字にしたほうが良いでしょう。

重いものを2つ以上入れるなら、キの字も有効だと思います。

 

「ガムテープで隙間を埋めたくなる」のは何故でしょうね。

 

もしダンボールがペラペラの紙で、ガムテープがセロハンテープだったら、

と考えてみれば、セロハンテープを十字に貼ったほうが、紙が破れにくくなるのが容易にイメージできるのですが。

 

何故かダンボールだとイメージしにくいです。分厚いからでしょうか。

日記002【断捨離】

捨てないで処分する

引っ越しに際して、不要な物の整理をしています。

そもそもこのアパートには丁度2年しか住んでいないので、アパートに引っ越したときから私物はほとんど増えていません。

それでも処分する物が出てきます。

 

古くなってボロボロの服やカバンはリサイクルショップに売り、427円になりました。

捨ててしまうのは簡単ですが、意外とリサイクルできるものですね。

 

使わなくなった家電や家具も、捨てるのではなくヤフオクやリサイクルショップ経由で誰かに使ってもらえればと思っています。

 

そうこうしていると捨てられないものが増えて、引っ越しは大変になるのが悩ましいところですが…

 

もったいない精神を大切に。

日記001【引越しの為、毎日更新は一時ストップです】

経緯

ブログの開始から今日まで、一日一記事、夜10時に更新というのを55日間続けてきました。

しかし現在新居への移転に向けた引越しの真っ只中であり、ちょっとブログを更新する余裕がなくなってしまいましたので、少しの間更新をストップすると思います。

連続更新記録がなくなってしまうのは残念ですので、今回のような日記程度の記事は書くかもしれませんが、家記事のような長文で推敲が必要なものは少しお休みです。

 

楽しみにしてくださっている読者の皆様には大変申し訳有りませんが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

A049【2016/09/04 ハウステックのショールームに行ってみた&見積もり依頼】

非常に安いと勧められたハウステックのショールームに行ってみました。ハウステックは元々「日立ハウステック」という日立グループの住宅設備メーカーでしたが、今はヤマダ電機グループに属しています。

 

目次

  • 特徴はあまりないが、欠点のないキッチン
  • お風呂と洗面台も欠点は見当たらない
  • トイレはタカラスタンダードと同じジャニス製
  • 総評

 

続きを読む

B006【SplashtopでiPadや他のPCからPCを遠隔操作する】

パソコンをベッドに寝転びながらしたいと思ったことはないでしょうか?

パソコンでしか出来ないゲームや動画を、iPad上で遊びたい、見たいと思ったことはありませんか?

 

そういったことを可能にする手っ取り早い方法が、遠隔操作(リモートデスクトップ)によってiPad上にPCの画面を投影することです。

今回はそのような遠隔操作アプリ「Splashtop」を紹介します。

 

Splashtopの使い方

モバイル端末(iPad, iPhone, Android, Kindle etc.)へのインストール

Splashtopはモバイル端末側のアプリが有料、PC側のソフトウェアが無料となります。360円です。

モバイル端末用もPC用もSplashtopの公式ホームページからダウンロードできるのですが、残念ながら英語のページに飛ばされるので、iOS用は下記からダウンロードして頂ければと思います。

Splashtop Personal - Remote Desktop

Splashtop Personal - Remote Desktop

  • Splashtop Inc.
  • ビジネス
  • ¥360

 

アプリをインストールしたら、まずはアカウントを作成します。

アプリ起動画面一番下の「Splashtopアカウントの作成」をタップしてください。

f:id:terupapa:20170317163319p:plain

 

メールアドレスとパスワードを入力して「アカウントの作成」をタップします。

f:id:terupapa:20170317163430p:plain

 

これでログインすれば、このような画面になります。

f:id:terupapa:20170317163809p:plain

 

モバイル端末側の設定はこれで終了です。

 

 

PCへのインストール

Splashtopの公式サイトから、「お使いのコンピューター用のStreamerをダウンロードします」のほうで「Personal」を選択します。

「Mac」「Windows」「Linux」のうち自分のPCのOSを選択し、ダウンロードをクリックします。

 

公式サイト

Splashtop Download | Splashtop

 

f:id:terupapa:20170317010418p:plain

 

ダウンロードしたファイルを開いて(Macなら.pkgファイル、Windowsなら.exeファイル)インストールします。

f:id:terupapa:20170317010420p:plain

 

インストールが完了したら閉じます。

f:id:terupapa:20170317010423p:plain

 

ソフトウェアを起動すると、このような画面になっているので、先程作成したアカウントでログインしましょう。

f:id:terupapa:20170317010427p:plain

 

 

当然、PC側のソフトウェアでアカウントを作成することも可能です。

f:id:terupapa:20170317010433p:plain

f:id:terupapa:20170317010430p:plain

 

 

以上でインストールは全て終了しました。

PC側とモバイル端末側の両方でログインしていれば、モバイル端末側のアプリ画面でちゃんとコンピュータが見つかるはずです。

 

出てきたコンピュータをタップすれば、遠隔操作が出来ます!

 

 

Splashtopの使用感

非常に簡単にPCの遠隔操作が出来るSplashtopの使い心地ですが、やはりDuet Displayのように直接PCと繋げるものに比べると若干カクカクします。

といってもそこまで大きな差はなく、音も遅延無く出てくれるので動画を見る程度までであれば問題ないでしょう。

しかしアクションゲームやスピードが大事な作業、ピクセル単位の細かい作業は難しいと思います。

 

操作はトラックパッドを表示することもタッチパネル操作も可能ですので、用途に応じて使い分けられて便利です。

文章を打とうと思うと画面の半分がキーボードで埋まってしまいますので、ディスプレイ不足となります。長文を書くのは難しいでしょう。

 

自炊した書類や大量の写真、動画をiPadに入れなくてよいのは非常に素晴らしい点です。iPadの容量を気にする必要は全くなくなりました。

パソコンにしか入っていないソフトウェアをiPad上で使えるようになるのも大きいです。

 

セキュリティ面ですが、新しいデバイスで(例えばiPadだけでなくiPhoneで)ログインをしようとすると登録したメールアドレスに「このデバイスを認証しますか?」というメールが届くので、リンクをクリックする必要があります。

それをしないと新しいデバイスでは使えないので、メールアカウントも一緒に乗っ取られない限りは安全性も確保しています。

ただし、パスワードはこまめに変えたほうが良いのは間違いありません。

 

f:id:terupapa:20170317163543p:plain

 

 

たった360円ですので、とりあえず遠隔操作できるようにしとこうかなくらいの感覚でお試し頂ければと思います。

B005【AirMac Time Capsuleで自宅Wifi環境 & 2TBの共有ディスクを構築】

今回は、2TBの大容量共有ディスクによってノートPCの容量不足の解消ができ、かつ最高のWifi環境を構築できるAirMac Time Capslueについてご紹介します。

名前が似ているAirMac ExtremeAirMac Expressとの違いについても説明させて頂きます。

 

目次

  • AirMacとは?〜無線LANルーターとは何か〜
    • 自宅にネット環境を構築する手順
    • ONUとホームゲートウェイ
  • AirMac Time Capsuleとは?〜Extreme や Express との違い〜

 

続きを読む

B004【Duet DisplayでiPadをメインorサブディスプレイに】

Duet Displayというのは、

「いつものUSBでパソコンとiPadを繋げば、iPadをPC用ディスプレイに変えることができるアプリ」

のことです。神アプリです。

ただのディスプレイではなく、タッチ操作も可能なのがまた凄いです。

ディスプレイは買えば数万円しますし、何より場所を取りますが、このアプリは僅か1200円(私が購入したとき)でした。

 

  • Duet Displayの使い方
    • PCにインストール
    • iPad(iPhone)にインストール
    • 使用を開始する
    • 設定を変更する(ディスプレイの配置の変更等)
    • iPadスタンドを購入して完璧にディスプレイ可

 

続きを読む