TeruPaPaの家と子どもと健康と

新築で注文住宅を建てる際の細かいところまで、時系列を追いながら綴っていきます

日記003【ダンボール箱の正しいガムテープの貼り方】

H字ではなく十字に貼る

引越しに欠かせないダンボールの話です。

 

ダンボールを組み立てるとき、ガムテープをH形に貼りたくなります。

一の字にガムテープを貼るところまでは誰しもが同じだと思いますが、そのあと隙間を埋めたくなって、ついH形に貼ってしまいます。

 

しかし、これはダンボールを補強する上ではあまり意味がありません。

 

ダンボールの端にかかる力よりも、ダンボールの底中央にかかる力(重さ)のほうが圧倒的に大きいのは自明です。

 

それならば、ガムテープは十の字に貼るべきです。

もっと強度を持たせたいなら十と×で米の字にしたほうが良いでしょう。

重いものを2つ以上入れるなら、キの字も有効だと思います。

 

「ガムテープで隙間を埋めたくなる」のは何故でしょうね。

 

もしダンボールがペラペラの紙で、ガムテープがセロハンテープだったら、

と考えてみれば、セロハンテープを十字に貼ったほうが、紙が破れにくくなるのが容易にイメージできるのですが。

 

何故かダンボールだとイメージしにくいです。分厚いからでしょうか。