読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TeruPaPaの家と子どもと健康と

新築で注文住宅を建てる際の細かいところまで、時系列を追いながら綴っていきます

A003【2016/06/26 メーカーを絞って限定1棟の抽選会に応募した】

A記事:家づくりに関わること 比較 セキスイハイム 一条工務店 百年住宅

前回の調査結果から、私はまず一条工務店・セキスイハイム・百年住宅の3つに絞り、モデルハウス見学へ行くことにしました。同時に、セキスイハイムの限定1棟の抽選会に応募しました。

 

目次

 

 

最初に回るハウスメーカー3社

最初に回るハウスメーカーとその理由は以下の通りです。

 

・一条工務店(木質系)

理由:

若者に不人気という噂の、豪華だが一昔前のセンスといわれる洋風デザインを妻が気に入りました。しかし選択肢が狭い自社製のキッチンやお風呂を気に入るかどうかは見てみないとわからないので、詳細な話を聞きに行きます。

知人の紹介特典も得られそうですが、まずは次の日曜日に住宅展示場へ突撃することにしました(アポなし)。

 

・セキスイハイム(鉄骨プレハブ)

理由:

家のことを考えていたときにCMが流れて、このタイミングで限定1棟580万円の抽選会が締め切り間近でした。パナホームやミサワホームも同様の抽選会をやっていましたが、締め切りはまだまだ先。

大和ハウスや積水ハウスも良いなと思っていましたが、前回の記事通りこのレベルの大手ハウスメーカーになるとどこも大差がないと考えて、タイミングが良かったセキスイハイムを選びました。

 

・百年住宅(鉄筋コンクリート)

理由:

耐震に超特化したこのメーカーの話を聞けば、他の鉄骨系メーカーや木質系メーカーの耐震性の裏というか、実情が見えてくるのではないかと思いました。東海大地震の直撃は免れない静岡県に住んでいる身として、このメーカーの話を一度は聞いておきたいと思いました。

但し、先にセキスイハイムと一条工務店に行き、木質系と鉄骨系の耐震性に対する見解を聞いてからにします。

 

 

この選定はあくまでファーストステップなので、何か気に入らないことがあればすぐ他のハウスメーカーも再検討します。

 

 

限定1棟抽選会への応募

 それでは早速、セキスイハイムの抽選会にネットから応募しましょう。

「セキスイハイム 限定1棟」でネット検索すれば「ドリームハイム」や「リユースハイム」といったセキスイハイムの限定一棟抽選のホームページが出てきますから、案内通りに記入していけばOKです。

 

どうせ当たらないとわかっていながらも、万が一につい期待してしまいますね。

興味のあるメーカーなので、外れてしまったとしても営業トークを聞くことに損はありません。

 

申込書の連絡先は妻の携帯にしておきます(仕事中に電話が来ても困るので)。

 

日曜の夜遅くに応募したところ、翌日に電話がかかってきました。

 

電話の内容は

「ネットでの応募だけでは抽選資格は得られない」

「まずは応募した内容について直接会って話をする必要がある」

ということで、次の土曜日に住宅展示場へ行くことになりました。

 

ちなみに電話をかけてきたのは住宅展示場の店長さんでした。

 

ハウスメーカーとしては抽選会を餌に集まった多くの方に自社の良さをアピールして、抽選に外れても家を建ててもらうことが目的ですから、このくらいは当然でしょうね。

 

抽選資格の詳細については次回お話します!