読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TeruPaPaの家と子どもと健康と

新築で注文住宅を建てる際の細かいところまで、時系列を追いながら綴っていきます

A026【2016/07/31 解体業者の選び方~自分で探す&仲介業者を利用する~】

 解体工事の業者選びというのは誰もが頭を悩ませるのではないでしょうか?

ハウスメーカーや住宅設備メーカー、エクステリア業者にはそれぞれショールームやカタログがあって、見比べることが可能です。

それに対して解体工事というのは、「出来上がりは皆同じ」はずですから、業者による差がわかりにくいですよね。

 

目次

 

解体工事業者を自分で選定

解体業者の判断基準には

①価格

②周囲への配慮(近隣への挨拶回りや防塵シート)

③違法作業の有無(各種届出、不法投棄や廃棄物の埋設)

があると思いますが、業者が愛想良く正しい手順を踏んで作業してくれるかどうか等、頼んでからでないと(もしくは作業が終わってしばらく経っても)わかりません。

 

 そうなるとハウスメーカーから頼むのが無難ということになりますが、これはマージンが入るので高くなると言います。

私は解体業者に直接頼もうと思い、いつも通りインターネットを使って自分で業者選定を行いました。

早速『地元名 解体業者』でGoogle検索しましょう。

 

地元工務店選び同様、条件を設定して絞り込んでいきます。

・会社のホームページが存在する

・許認可について、許可番号を明示している

・事務所がちゃんとある(住所を明示している)

・社長の名前もしくは顔がホームページ上に載っている

という条件にしました。

 

この時点ではまだまだ候補があると思います。

私はここから、更に社長の名前でGoogle検索しました。

そうすると、ちゃんと活動している会社であれば何らかの報告書や会社以外のホームページ(解体工事団体の幹事等)がヒットします。そのあたりから信用できそうかどうかを感覚的に判断し、目星をつけました。

 

 私の場合は大体3つ程に絞れたので、その中から最も住所が近い業者を選びメールしました。

翌日には回答が来て、見積もりの為に現場を見せてほしいとのこと。

 

1時間弱、じっくりと解体範囲、木や石の数、水栓の位置、物置の中等々を確認していきました。対応した妻の話では担当者の愛想も良く、受け答えもしっかりしていたとのことでした。

現場確認した翌日には見積もりがメールにて届き、54万円でした。その後、解体工事の内容を追加(物置を2台とその中身も撤去してもらうことに)しましたが、それでも63万円でした。

セキスイハイムで現場を見てもらい話をしていたときには(正確な見積もりは出してもらっていませんが)最低100万円はかかる、150万円くらい考えてほしいと言われていたので、その価格差にびっくりです。一方で、「本当に大丈夫か?(安すぎないか?)」という不安が拭えませんでしたので、この業者以外にも見積もりをお願いしました。

 

解体工事の匠

今度は自分で調べた業者ではなく、解体工事の仲介を専門としているホームページ『解体工事の匠』から依頼しました。

ここはハウスメーカーよりも安い仲介料であることを謳っており、通常は10~15%のマージンが入るところを6%に設定していると宣伝しています。ホームページを見る限りではかなりの受注があり、信用できそうな印象を受けます。

メールフォームを利用して連絡すると、翌日には匠から電話が来ました。内容としては、

・見積もりを出す業者の数は3社で良いか

・1社ずつ現場確認をして見積もりを出すので、1社につき1時間程かかる。

・都合の良い日程を教えてほしい

・自分で連絡した解体業者があったら候補から外すので、教えてほしい

といったところでした。

現場確認は次の土曜の午後が良いと伝えると、更に翌日に電話があり、その日に都合がつく業者が2社しかなかったのでそれでも良いかと聞かれました。

OKを出して各社が現場確認に来ましたが、どちらも愛想は良く、一方は二人組で、もう一方は一人で確認していきました。

その後一週間以内に両方から見積もりが届き、金額としては86万円と78万円でした。

見積もり内容を見てみると、78万円のほうは伝えたことが工事内容に反映されていない部分が多く、物置は撤去してほしいと言ったのに入っていない、塀の撤去が部分的にされていないといった点が見受けられ、この見積もりより最終的には上がりそうですし、そもそもちゃんと話を聞いているのか、希望通りの工事をしてもらえるのか不安です。

こちらの業者はとりあえず選択肢から外します。

 

結局、自分で探した業者が最安値(63万円)となり、差額15万円は大きいということで、そちらに決めました。

解体工事の匠からは現場確認の2週間後にメールで、解体工事を依頼するかどうかについて回答依頼が来ました。

 

価格が高いのでどちらにも頼みませんと伝えると、解体工事の匠からキャンセルを伝えてくれるとのことで、仲介業者としてしっかり最後まで仕事をしてくれました。

 

紹介してもらった業者の片方が頼りなかった点は頂けませんでしたが、自分で解体業者を選定する労力等を考えて総合的に見れば解体工事の匠経由での依頼も良いと思います。

今回は自分で探した業者が一番安かったのですが、それは距離的な問題(解体業者から家まで車で3分だったこと)から、地域の人間関係もあって安くしてくれた節もあります。

それに、やはり自分で選んだ業者は本当に大丈夫なのか、という不安は、工事が終えるまで拭えそうにありません(他と比べて安すぎるせいかも知れませんが)。

 

自分で選んだ業者に9月末で工事依頼をして、解体工事の手配についてはひと段落です。

次回は再び地元工務店に足を運びましたので、その話をします。